太陽光発電の未来を考える

エコロジー
太陽光発電のメリット
太陽光発電の凄いところ
太陽光に発電によるあれこれ
太陽光の疑問
太陽光発電を使用してみて
 

 

太陽光発電のメリット・特徴

太陽の光エネルギーを直接電気に変える「太陽光発電」
地球上にふりそそぐ1時間の太陽エネルギーは、なんと世界で使うエネルギーの1年分に匹敵するといわれています。
それだけ太陽のエネルギーは巨大であり、かつクリーンなことを考えると、大きな可能性を秘めたエネルギーといえます。

エネルギー源が太陽なため無尽蔵で無償、しかも電気を作るときにNOx・CO2などの有害物質を出しません。電力会社に頼らず電気を自給できるシステムも作れるだけでなく、太陽光パネルは機械的に動作する部分がないので維持管理がたやすく、20〜30年の長寿命だと言われています。これはスゴイ!!

地球に優しいエネルギーとして注目されている太陽光発電システム。太陽の光をエネルギーに変えるシステムです。
現在利用されている、石油や天然ガス、石炭などと違い、枯渇する心配もありません。また、地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出を抑える上でも有効な交替エネルギーとして期待されています。実際、どのような利点があるのでしょうか?簡単に挙げてみたいと思います。

環境

みなさん「温室効果ガス」という言葉をご存知ですか? 私は先日のニュース番組で知ったんだけど、温室効果ガスと呼ばれる二酸化炭素(CO2)などが、地球温暖化に拍車をかけているそうです。

大気中のCO2やメタンなどの温室効果ガスは、太陽からの熱を地球に封じ込め、地表を暖める働きがあります。しかし、温室効果ガスの濃度が上昇していることで地球温暖化が進むとされ、排出消減が呼ばれています。

現在のペースで資源を消費していくと21世紀の半ばには資源が尽きてしまうと言われています。太陽光発電システムを導入すると年間で、森林約750uに相当するCO2の削減に!!

電気をつくる石油などの資源には限界があり、二酸化炭素を大量排出して地球温暖化の原因となっています。クリーンで無尽蔵な自然エネルギーを利用する太陽光発電は、CO2を排出しません。18リットル缶で44缶分のCO2削減効果があった場合、森林270坪を助けます。
太陽光発電システムを利用することで森林を守るなど、環境に対する問題に貢献することにつながるのです。 

                                        

騒音や歯器物を出さないクリーンなエネルギー

騒音・廃棄物を出さず、原子力のように深刻な環境汚染や事故を起こす心配のない発電システムです。

新規発電所建設に伴う環境破壊を防止

家庭の屋根などのスペースを有効に利用し電気をまかなうことで、森林保護、及び新規発電所の建設に伴う自然・環境破壊の防止につながります。

 

経済効果

電気をつくって使う、太陽の光を活用した自家発電。

屋根銀行とも言われるように、太陽電池で家の電気をまかない、さらに余った電気は無駄にせずに電力会社へ売却することができます。

太陽光発電は屋根に設置した太陽電池モジュールで電気をつくり、その電気を家庭用に変換、電気製品などに分配して利用します。夜間は割安な「時間帯別電灯契約」を利用すれば、さらに電気代が節約できます。

電力会社との接続(系統連系)により、昼間に発電し余った電力は自動的に電力会社に送られ、発電しない夜間や雨などで発電量が少ない時は電力会社から電力の供給を受けることができます。この売買により、年間を通せば電気代のほとんどをまかなうこともできます。

 

注目サイト

カラコン度あり(ワンデー)が人気の通販サイト
http://www.rakuten.ne.jp/gold/sweet78/
スマホ 買取
http://www.keitai-shop.jp/
クラスtシャツ
http://www.tsfact.com/
畳を傷めない和室用の椅子
http://www.hoshodo.net/

Copyright (c) 2008.太陽光発電の力. All right reserved.